再生医療で新たなステージへ

テクノロジーの発展と共に、医療の進歩も目まぐるしい時代です。例えば人工知能や3Dプリンタといった一見医療には関係なさそうな技術も、現代やこれからの医療を担う技術として確立されつつあります。病に冒された身体を「治す」ことに重点を置いた医療には限界があり、弱った患部や失った機能を「元通りに戻す」という、新たなステージへの突入が渇望されています。巷で耳にする再生医療というのは我々にとって理想の医療そのものではないかと、夢が膨らみます。私が再生医療に期待しているのは毛髪の再生についてです。先日報じられていた通り、毛髪を作る器官である「毛包」の生産に成功しており、毛髪における再生医療はそう遠くない将来に確立されると言われています。私はまだ20代ですが、10代の頃からストレスによる突発的な脱毛症に何度も見舞われており、その都度対策をして元には戻るのですが、この調子では30、40代と年齢を重ねた時に自分の毛髪がどうなっているのか考えると不安な気持ちになります。我が国では「ハゲ」に対して寛容ではなく、嘲笑の対象になりがちです。私自身もハゲに対して恥ずかしいという感情を抱いているので、毛髪を細胞レベルで再生できる未来が訪れるのなら、薄毛のリスクを抱えている人間にとって明るい未来となるのではないでしょうか。それから私は父を癌で亡くし、母は慢性的な膝・腰の痛みに悩まされております。現代の医療では寛解や完治が難しい症状も、再生医療なら治せるのではないかという期待を抱いています。カネで健康を買うのは決して悪い行為ではなく、誰もが安心して寿命を全うできる時代が再生医療によってもたらされることを期待しています。職場の同僚の奥さんが交通事故にあってしまいました。車が横転して、開けていた窓から腕が出てしまい、地面にこすれて半分以上の皮膚が剥けてしまったそうです。残念ながら機能は失われてしまったそうですが、片手があるから何とかなるという前向きな人でした。ただ、腕の状態の見た目があまりにも残酷なことになってしまってしまいました。彼女は、機能が失われたこと以上に、もう一生誰にも腕は見せられない事がショックでした。昔は他の部分の皮膚を移植する方法しかなかったのですが、今は人工皮膚や、自分の細胞から皮膚を再生させて移植する方法があります。まだまだ研究の余地はあるそうですが、かなり実用化されているようです。女性にとって「見た目」というのは重要な問題です。シミやシワをとるといったただの美容的な用途ではなく、大きな怪我や火傷など、ひどく外観が損なわれるというのは精神的ダメージが大きいです。これからもどんどん研究が進み、そういった方の助けになったら素晴らしい事だ。

住宅リフォーム総合情報お家の見直ししま専科ダイエットチャレンジAGAでお悩み解決内職 アルバイト英語上達の秘訣クリニック集客ノウハウ健康に役立つ口コミ情報