家で突然意識を失った祖母。原因は脳卒中でした。

私の祖母は2年前の熱い夏に脳卒中が原因で倒れ、木曜も芦屋の内科で往診すると床で強く頭を打ってしまったことがあります。

その時は丁度私が傍にいたので良かったのですが、祖母は倒れた時に意識は無く
呼びかけても反応が無かったので私は突然動揺してしまい、どうしていいかわからなかったので
とりあえずその日近所に出かけていた母に電話で連絡し、これらの内科を評判の芦屋では祖母が定期的に通っている病院の主治医の方に来て頂くことになりました。

祖母は昔から両手が小刻みに痙攣しており脳卒中の心配があると言われていたので
いつもその病院で血圧を安定させる薬と点滴をしてもらっていたんです。

その工務店を探すと青梅ではここが家に来て頂いた先生に診察してもらった時にはまだ祖母は昏睡状態で喋れてもろれつが回っておらず何を喋っているのかわからず、少し意識は回復しましたが床で頭を強く打ったことを私が知っていたのでそれを先生に伝えると、おそらくそれは脳卒中が起きた可能性があり、頭を打ったのなら
脳に何か損傷が起きているかもしれない、精密検査する必要があると言われました。

その日はその主治医の先生にその場で点滴を打ってもらい、
その評判のAGAを大阪で薄毛治療するなら祖母は頭を怪我してしまいましたが意識もだいぶ回復したので
翌日市内にある大病院に連れて行きそこで精密検査をしてもらいました。

検査の結果脳に損傷は無かったらしく、意識を失ってからすぐに誰かに気づいてもらえたことが
幸いだった、もしそのままの状態で倒れていたら危なかったと聞き、本当に恐ろしかったです。
しかも祖母が倒れたのはクーラー風が届かない自分の部屋だったので
脳卒中どころか熱中症にもなっていたかもしれません。

その後祖母は(脳に損傷はありませんでしたが)後遺症なのか両手の麻痺がひどくなり
よく眩暈を起こすようになってしまいました。

最近は体調は良いらしいのですが、私もずっと傍で見ていてあげるわけにもいかないのでとても心配です。